「切支丹ガール」No.01 乃篭御前

Christian Girl

Number : 01

Name : 乃篭御前(のかごごぜん)

Weapons : 弓+白磁の鏃(やじり)

Illustrator : CL

http://www8.plala.or.jp/setuki/

無断転載禁止

70-kgirl01-nokago

 

願わくは御名をあがめさせたまへ

 

私は何故生き残ってしまったのか。

父なる神は何故、あの時私を愛しき者と共に逝かせてはくれなかったのか。

そして何故、愛しき者の最期の時に、傍に居る事を許してはくれなかったのか。

この別れが、神が私に与えた試練だというのならば……あまりにも残酷だ。

遺ったのは愛しい貴方様の身を覆っていた鎧だけ。

私が亡骸と共に朽ちる事は赦されず、

恨み辛みを繰り返している内にいつしか涙も枯れ果ててしまった。

嗚呼、貴方様の事を想っていても、鎧の無機質な冷たさが容赦無く私を現(うつつ)へと呼び戻す。

優しく、温かい思ひ出の中の貴方様との逢引を許してはくれない。

ただ静かに、無慈悲な感触だけが私を襲う。
けれど私は再び貴方様と合間見える為に、貴方様の鮮血を吸ったであろうこの鎧を身につけ、

古びた弓と白磁の鏃(やじり)を手にし戦場に立つ。

そうすれば僅かばかりではあるけれど、

鎧を通して貴方様が私を包んで下さっている様な、そんな感覚を覚えるから。

その正体が、鎧に宿る温もりが貴方様のものではなく、

私自身の熱が移ったものに過ぎないとしても構わない。

その錯覚が、私を戦場へ駆り立てる力となるのだから。

私から貴方様を奪った、憎き仇を討ち取る刃へと。

敵に情けは無用。たとえ肉親や知古から、私怨に囚われた醜女に成り下がったと言われても構いはしない。

私にとって全てであった存在を奪った罪はあまりにも重く、同じ人の子であろうとも、

その命をこの鏃で討ち取る事に抵抗感や罪悪感は微塵も湧き上がらなかった。

(嗚呼、神よ。どうか私をお導き下さい。貴方の御許にて安らいでいるであろう、愛しき者の傍へ)
日を追う毎に赤黒く染まる鎧と、反して生気を失い青白くなっていく肌。

それに気付かない振りをしながら、私は死臭が漂う大地に足を踏み入れる。

どうか、お赦し下さい。貴方様の遺したこの鎧の色を濃くしていく事を。

貴方様の名を呼ぶ事を。

貴方様の血を引くこの命を、未来へ繋ぐのを放棄してしまった事を。

txet : 志津(http://d-nomads.sakura.ne.jp/

 

 

Calling Your Name

 

I wonder why I survived.

I wonder why the Lord our father didn’t let me die with my beloved.

A nd, why the Lord didn’t allow me to stay beside him at his last moment.

If this farew ell is the trial the Lord gave me… How cruel it is.

He left nothing but the arm our which protected his body.

I wasn’t allowed to decay with his body, and my tears have dried out while

I recalled this grudge again and again.

How ever much I think of you, mercilessly this inhum an coldness of your arm our brings me back to reality.

It doesn’t allow me to be with you in my tender mem ories.

In silence, this merciless feeling seizes me.

Now I wear your arm our which may have absorbed your blood, and take the old bow with the white porcelain

arrow head. I am standing here on the battlefield to face you again.

With this I can feel you holding me som ehow .

It doesn’t matter if the warmth in this arm our is from my body, not yours.

This illusion gives me the power to enter the battlefield.

The power becomes the sword which slays the foes who have killed you.

I have no m ercy for them . I care not if my family and my friends condem n me as homely woman, obsessed

with this grudge.

The weight of the crime of killing my dearest one is so heavy that I have no hesitation or sense of guilt to

pierce them with this arrow head.

(Oh Lord. Lead me please. Lead me to my dearest one resting by your side.)

Day after day this arm our reddens and my skin becom es paler and paler.

I pretend to be unaw are that, and I step into this land filled w ith the putrid stench of the dead.

Forgive me as I deepen the colour of this arm our.

Forgive me as I call your name.

Forgive me as I give up the life you gave me, and our future.

translation : Yoshitaka S.T.



コメントを残す